shino-sora|「色」で選ぶ新しいハーブティー/薬膳茶 shino-soraでは、「色」で選び「心」を感じる新しい楽しみ方のハーブティー/薬膳茶をご提案しております。一般には手に入らない貴重な漢方由来の和漢植物とハーブ、香り高い茶葉を0.1mg単位で一つ一つ手作業でブレンドを行い、色や香り、味、すべてにおいて、色のテーマに合わせた癒しをお届けできるようこだわりました。

整え方

 

イロココチャで自分の心を整える

〜色を心で感じる、五感を使ったお茶の飲み方〜

 
 
 

1 . 今、自分が惹かれる色は?

 

パッケージ、またはメニューブックの絵を見て、今惹かれる色を選びます。
惹かれる色の絵が、今の自分に必要なもの、求めているものを表しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
2. お茶の準備

 
状況に合わせて、お好きな楽しみ方を。

 

薬膳成分が出る入れ方2種類

 

【淹れ方❶:茶葉を直接ティーポットへ】

tea bagをハサミで切って、中身の茶葉を直接ティーポットに入れます。

 

沸騰したお湯を約500ml(カップ4杯分程)注ぎます。
10分程度蒸らします。薬膳成分がより抽出されます。
 

お湯の中で動く茶葉を眺めながらのお茶の時間は癒されます。

 

ウォーマー等で温めると、茶葉の苦味も出ず、薬膳の成分もより抽出され、数時間は美味しくお召し上がりいただけます。
 
 
 
  
 
 

【淹れ方❷:煮出し】

Tea bag1個の袋を破いて中身を出してから、2Lほどの水で数分煮出すことができます。お好みで仕上げましょう。

 

沸騰するまでは強火でも大丈夫です。風味も飛ばさずに楽しめます。

 

(ジャスミンとバラが入っているお茶は煮出すと苦くなるため、ピンク、マゼンタは煮出しすぎない。または煮出さない。)

 

 

 
 
 
 
 

 

 

3. 絵カードの絵を眺めて感じる

 

パッケージ、または絵カードの絵を眺めます。

 

①絵を見て、どんな感じがしますか?

(浮かんでくるイメージや感覚、気になるところ)
→自分の心の鏡として、可視化するため。
 視覚(五感)から心につなげるため。
 
 
 
*絵は自分の感覚で、見たい向きに変えて見てもokです。自由にどうぞ。
 
 

 
「柔らかさ」「安心感」「温かさ」などいろんな感覚を感じるでしょう。
また、何かのイメージが浮かんでくるかもしれません。
絵の中で気になる部分があるかもしれません。
 
 

 
この色の絵は、『自分を映し出す鏡』です。
気づいていなかった今の自分の気持ちや、こうなりたいなどの想いが映し出されます。

 
 

 

◎感じたことをノートに書き出してみましょう。

 

 
 

 

 

②そのイメージや感覚は、今の自分(気持ち)と
どのように繋がりますか?

→浮かんだイメージや感覚から、自分の課題やテーマに気づくため

 

◎感じたことをノートに書き出してみましょう。

 

 

 

③イロココチャを飲んで整えると、
自分はどう変化すると思いますか?

→未来へのビジョンを持つ能動性を引き出すため

 

◎少し未来の自分を想像し、書き留めておきましょう

 

 
 

 

 

 

4.  五感で味わうようにIrococochaを飲み、自分の内側へとつながっていきます。

 
 

絵を眺めながら感じた後、お茶で整えていきます。
五感で感じるために、目を閉じて感じながらお茶を飲んでいきます。
目を閉じると、嗅覚・味覚・触覚が研ぎ澄まされ、そして心につながっていきます。
 
 

心と体がゆるみ、呼吸が深くなり、自分の内側(本来の自分)へと繋がっていきます。

 

 
 

④香り、味、温かさを感じる体験

→嗅覚、味覚、触覚(五感)から、自分の心身に与える癒しの変化に気づくため
 
 
 
 
<香りを感じる>

どんな香りがしますか?

目を閉じて、深く深呼吸しながら、今日のお茶の香りを胸いっぱいに入れていきます。
この香りが、自分の心と体にどんな風にもたらしてくれるのかを感じながら。
 
 
 
 
<お茶を飲み、味を感じる>

どんな味がしますか?

目を閉じてゆっくりと飲みながら、
選んだ色のエネルギーの温かいお茶の味が、心と体に染みわたっていくのを感じます。
 

 
 

<お茶の温かさを感じる> 

温かさで体と心はどんな風に感じますか?

お茶の温かさで、自然に体の筋肉が緩み、心も緩んでいくのを感じます。
 
 
  

その緩んだ感覚のまま、自然に息をつきます。
今自分が手放したいものと一緒にからだの外へ出すイメージで、「はーーー」っと大きな息を吐き出してみましょう。
もっと体と心が緩みます。
 
 

 
自分の体が緊張していたことに気づくかもしれません。
自然に深い呼吸になります。
そして、今、自分に必要な色の植物たちのエネルギーが心と体の中に優しく入ってくるのを感じます。
 
 
 
 
胸のくぼみや、「つまってるな」と感じるところにカップを押し当てて、お茶の香りや温かさを感じるのもおすすめです。
 
 

 

しばらく、そのゆるんだ感覚でリラックスしていきます。
香り、味、温かさといった五感から、心に、自分の内側につながっていきます。
 
 
 
 
植物たちの香りや味を感じながら、
自分の内側から何か言葉やイメージが浮かんで、自分へのメッセージを感じるかもしれません。
大切なことが思い浮かんだり、何かを思い出すことがあるかもしれません。
 
 

◎気づきや感じたことを、ノートに書き出していきます。

 

 
 

 

 

5. お茶をゆっくり飲んだ後、また絵を眺めてみましょう。

 
 

⑤絵はどんな風に見えますか?
どんな自分に気づくでしょうか?

→自分が整った(内側につながった)感覚を可視化するため
 自分の世界の捉え方が変化したことを実感するため
 
 
 
 
不思議と、最初に見たときの絵のイメージと
変化しているかもしれません。
 
 
 
 

お茶で、心が癒され整い、
自分の捉え方や感じ方が変わったことが、
カードの絵を見て分かります。
 

 
 

◎気づいたことを書き出してみましょう

 
 
 
 
 
 

 

6.メニューブックまたは説明書で、選んだ色の意味(テーマ)を読んでみます。

    
 

今日の自分のテーマはどれだと思いますか?

→自分のテーマや、今自分にとって大切な本質に、自分で気づくため
 

 
 
色の意味や説明を読んでみて、
自分が感じた感覚は「なるほど」と思うかも
しれません。
 
 
 
 
そのテーマは、自分にとって、
今つながることが大切な「本質」「テーマ」です。

 
 
 
  

 

⑦ 今の自分として、まずどんな行動をしていきたいですか?

→感覚やイメージから、具体的な行動化へとつなげるため
 実践していくことで変化していくため
 
 
 

内側の自分につながった今の感覚で、
浮かんでくる行動が、自分の内側の答えです。
 
 

◎気づいたことを書き出してみましょう

 
 
 

 

*その日の自分の気持ちによって、絵から感じる感覚も、味も違ったように感じます。
その日々の変化を楽しみながら自分を癒し整える時間をお楽しみください。
 
 
 
絵、茶葉の色、香り、味・・・
五感で癒される特別な時間となります。
  
 
 
このお茶のひとときが、
あわただしい日常から離れて、
本来の自分へ戻るスイッチに。
 
 
 
心につながる、
満たされた時間となりますように。

 
 
  
 

 

 

イロココチャメソッドの質問

 

①絵を見て、何を感じますか?(感覚、イメージ)

→自分の心の鏡として、可視化するため。
 視覚(五感)から心につなげるため。
 
 
②今の自分とどのようにつながりますか?

→浮かんだイメージや感覚から、自分の課題やテーマに気づくため
 
 
③飲んだらどうなりますか?

→未来へのビジョンを持つ能動性を引き出すため
 
 
④香りと味は?

→嗅覚、味覚(五感)から、自分の心身に与える癒しの変化に気づくため」
 

 
⑤飲んだら、絵はどう見えますか?(感覚・イメージ)
どんな自分に気づきますか?

→自分が整った(内側につながった)感覚を可視化するため
 自分の世界の捉え方が変化したことを実感するため
 
 
⑥色のテーマは?

→自分のテーマや、今自分にとって大切な本質に、自分で気づくため
 
 
⑦どんな行動をしていきたいですか?

→感覚やイメージから、具体的な行動化へとつなげるため
 実践していくことで変化していく
 
 
 

 

おすすめ

 


 
 
tea bagは気軽に持ち運びできますので、
職場の休憩中、
または旅先でのホテルでも
  

 
 
自分を整える癒しのひとときを
お楽しみいただくことができます。
  
 

 
置きお茶として、
職場にパッケージの袋ごと
置いておかれる方も。
  
 

 
 

 

 

 
朝から、
惹かれた色のブレンドティを
ティーポットで作って、
  
 

 
 
マイボトルに入れて
職場や外出先に持って行き
絵を眺めながら整えるのも
オススメです。

 
  

 

 
お客様の声はこちら